• 05
    15
    お母さんも呼んで手術の準備は万端!

    今週はついにフェルナンの手術
    ですが、全身麻酔をして両足をいっぺんに矯正する大手術なので、
    実の親へのオリエンテーションとサインが絶対に必要…ということになりまして。
    急きょ、車で5時間の町、カティイルまでお母さんを連れに行きました
    お母さんがHOJにやってきて、フェルナンとジャンレはものすごく喜んでいます!

    お母さんにいいところを見せたいジャンレは、いつも以上にきびきびと掃除や洗濯を済ませ、

    「お母さんに食べさせてあげたいから木に登ってマンゴーを取らせて」と懇願してきました。
    いやー、追熟させないと酸っぱいんじゃないか?…と思ったらそうか!お母さん妊娠中だっけ!
    よしよし、そういうことなら、もちろんOKだよ!

    フィリピンでも「妊婦さんには酸っぱいもの」って文化はあるんですよ。
    主にまだ熟れていないグリーンマンゴーに、塩や醤油、魚の塩辛などをつけて食べます。
    妊娠中のお母さんに取ってきたマンゴーを食べさせてあげてジャンレも誇らしげです!

    そしてフェルナン、お母さんを連れてダバオの病院へ。
    前から素敵な病院だと何度もお伝えしていますが、病室ももちろん超快適
    これで無料だっていうんですから本当にありがたいです。
    前回のジャンレの入院で「何を持って行けばヒマを持て余さないか」しっかり経験済なので、
    塗り絵にパズルに絵本にレゴにスケッチブック、たっぷり持ってきましたよ。

    挙句にこの病院にはこども患者用に「プレイルーム」があるんですよ。
    おもちゃやテレビゲーム、ぬいぐるみ、ボールなどがズラリとそろっています。
    この病院の創設者であるアメフト選手のティム・ティーボウさんのおかげです。
    フェルナンもアメフトのプロテクターをつけて「アイアンマンみたいだ!」と大喜びです。

    おかげさまで予定通り、手術は明日の朝できることになりました。
    みなさん、今度は手術の成功をお祈りください!


    JOIN TO JOY会員募集中!登録はこちらから!


    『歓びの家(House of Joy)を支える会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~