• 11
    19
    サンダルをよく使うフィリピンの遊び

     

    ミサトです!

     

    隣町のルポンへ買い物に行った時、市場のフルーツシェイク屋さんに寄りました!

     

    「今日はリンゴとドリアンから選んでね!」

    と、お盆の上を指差すお店のお姉さん。

     

     

     

     

    あ、メニューに書いてある「マンゴー」や「バナナ」は無くて、今日仕入れたフルーツから選ぶ仕組みなのか(笑)!

     

    リンゴは日本でも食べられるしな…かと言って、急にドリアンもなんかな…うーん。究極の2択に迫られ、結局リンゴをチョイス。

     

    ふつうに美味しかったのですが、謎の後悔が残り、次行った時はドリアンにしよう、と心に決めました。笑

     

     

    さて今日は!

     

     

    お昼休みに帰ってきた子どもたちが、なにやらサンダルを服の中に隠しています。どうやら、サンダル隠しゲームをしているようです!

     

     

    鬼が1つのサンダルを持ち、後ろを向きます。その隙に、後ろにいる子どもたちは服の中にサンダルを隠します。

     

     

    OK!の合図とともに、鬼は自分と同じペアのサンダルを持っていそうな人を当てます。

    見事当たれば勝ち、当たらなければ負け、というゲームです!

     

    バハイクボ(フィリピンの伝統遊び)といい、このサンダル隠しゲームといい、サンダルを使う遊びが多く、一年中夏のフィリピンで、特別なものを使わなくてもできる工夫がありますね!

     

    私も小さい頃、「Sケン」や「ケードロ」などの遊びをしたのを思い出しました!皆さんはどんな遊びをしていましたか?

     


    JOIN TO JOY会員募集中!登録はこちらから!


    『歓びの家(House of Joy)を支える会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~