• 07
    14
    近所の女の子の医療支援

    ハウスオブジョイの近所に体が曲がってしまっている女の子がいるので何とか助けてもらえないだろうか?という
    問い合わせがあったので会いに行ってみると、なるほど、背骨が湾曲してしまっているのが目に見えて分かる感じでした。
    英語でScoliosis、日本語で脊柱側彎症と呼ばれる病気のようです。

    症状の進行が激しかったり、大人になっていると治療には手術が必要になるそうですが、
    まだ7歳で、自分で立って歩けるくらいの症状なのでギプスなどで固定すればもっとまっすぐにできるかもしれません。
    幸いHOJにはフェルナンが足を手術した病院とのつながりがあるので、
    さっそく木曜日にダバオのその病院まで連れて行って診てもらうことにしました。
    アメフト選手が出資してくれている無料診察の形成外科病院です。ありがたいことですね。

    ただ、ちょっと心配なのがダバオの規制が明後日からまた引き上げられるかもしれない点です。
    ダバオのコロナ感染者数は、それほど爆発的ではないにせよ、増えつつあるからです。

    ちなみにHOJのあるダバオオリエンタルも、少しずつですが感染者が見つかっています
    まあ、今の所感染が確認されているのは「外国や都市から戻ってきた人」だけで、
    市中での感染は確認されていないので、まだそれほどみんな警戒している感じはありませんけどね。
    幸いなことに今のところは1人の重症者も死者も出ていません。なんとかこの調子で乗り切りたいです。

    コロナの影響でどうしても緊急性のない医療は先送りにされてしまいがちですが、
    ギプスで直せる歳の間になんとか治療を始めてあげたいと思います。明日のダバオ市の発表に注目したいと思います。

    ※7/14 23:00追記
    上述の記事を書いた数時間後に、ダバオオリエンタルで最初の死亡例が発表されました。
    ダバオとの行き来があった46歳の女性で、心臓に基礎疾患があったとのことです。
    明日以降の情報に注視したいと思います。


    JOIN TO JOY会員募集中!登録はこちらから!


    『歓びの家(House of Joy)を支える会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~





    07
    13
    「リモート学習」開始!」…って、これだけ?

    さあ、今週からハイスクールが「リモート学習」を開始するということで、
    きっとものすごい量の宿題が出されるのだろうな、
    こどもたちの学習段階に全然合ってない難しいものだったらどうしよう?
    そもそも里帰り中の子たちのぶんはどうすればいいのかな…などと考えていたんですが、
    学校にその「宿題」を取りに行ってみたらびっくり!1週間ぶんでこんな感じのプリントが2枚だけでした。(笑)

    しかも難易度も小学校3年生くらい向けで、ジェレミーが「なんだ、これなら楽勝!」と喜んでます。
    ちなみに里帰り中の子たちについては相談したら「じゃあやらなくていい」とのことでした。マジか…。

    それだけ簡単な宿題でも、やっぱりどこか抜けている知識というものはあるもので、
    ジンジンは意外な単語を知らぬ間に中学生になっちゃってました。
    学校の成績は100点満点中の90点とかだったんですが、一体何がどうなってそうなったのか…。謎です。

    さて、HOJにはアルセルがちょくちょく顔を出しているんですが、最近は兄のアルソンも一緒に来ています。
    2人してマッサージ師として引っ張りだこで、市長さんをはじめ、市役所でお客さんをつかんで荒稼ぎしています。
    市に「障害者支援の予算」というのがあるそうで、そのお金をつかって役所の敷地内にマッサージ店を立てて
    この2人をメインに回していこうか、という計画も持ち上がりました。いい流れです。

    コロナによる移動制限は、「出稼ぎ」という「働き者ほど村からいなくなってしまう」構造を覆し、
    地産地消、地元経済発展を促している面もあるような気がします。
    フィリピンという国がこれをきっかけに、出稼ぎに頼らない国になっていったら素敵ですね!


    JOIN TO JOY会員募集中!登録はこちらから!


    『歓びの家(House of Joy)を支える会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~





    07
    12
    マミーズハウス、ついに完成!

    5/15に改築を始めたマミーズハウス、ついに完成しました!かっこいい!
    竹を基調としながらもシロアリ対策で重要部分はセメントで作ってある、なかなかにハイブリッドな建物です。

    内装はやはり竹と木を基調としており、なんともネイティブでアンティークでエスニックな空間になってます。
    奥にある「私の趣味のエリア」の濃ゆいこと!(笑)

    まだ家具は入れてませんが、まずは完成祝いに内輪の打ち上げ
    以前同様、このリビングスペースは外と壁なしでつながっているので、雨の多い今の時期、ちょっと蚊とかはいますが、
    天井のファンが思った以上に効果絶大で、回していればほぼ蚊は寄ってきません。
    いやー、早く日本からのビジターさんたちとここで談笑する夜を迎えるのが楽しみです!

    夜の映画タイムも今日からこっちです。前より広くなった上にこどもの人数が少なく、
    さらに何人ものこどもが謹慎中で映画を見れないのでえらくガランとしてますが、
    またここがこどもたちでギュウギュウににぎわう日が来ると思うと待ち遠しいですね。

    結果論ですが、コロナで移動制限がかかっている時期に敷地内で「引っ越し」ができたのは気分転換にすごく良かったです
    ここまで大規模でなくても、思い切って内装を変えるとか、同居している同士で部屋を交換するとかすると、
    「ステイホーム」も楽しくなるかもしれませんよ。そういうの好きな人は試してみてくださいね。


    JOIN TO JOY会員募集中!登録はこちらから!


    『歓びの家(House of Joy)を支える会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~