• 01
    16
    1人では手に負えない宿題だからこそ

    今日は去年の火事からちょうど1周年です。
    多くの方のご支援のおかげですっかり復旧し、こどもたちと楽しい毎日を過ごすことができています。
    みなさん、改めまして本当にありがとうございました!

    もう二度と火事など起こることのないように、と思っていたら、男子棟の前で何やら火の手が!
    ま、まさか火遊びか?許さんぞ!…と近づいてみたら、ジェプリルがジェレミーの宿題を手伝ってるところでした。
    ロウソクの火で溶かすタイプのノリを使って段ボールを接着して船を作ってます。
    最初はジェレミーがやってたんですが、ジェプリルが「どら、ちょっと貸してみ?」とか手伝い始めたら
    自分が夢中になっちゃった状態ですね。うん、分かります。

    そして完成したのがこちら!おお、なかなかの完成度!…って、何かこの写真、既視感があるような…?

    …と私の過去写真フォルダを「ジェプリル」「船」で検索したら見つかりました!
    9年前、まだジェプリルが小学生だった頃にビジターさんがくれたお土産のペーパークラフトです。
    そういえば一緒に作ったっけ…。ジェプリルの成長を実感するとともに、変わらない心を持っているのが嬉しいです。

    中高生となると宿題もなかなかに複雑になってきます。
    ジュリアンは明日グループで「SNS依存について」の発表をするんだそうで、
    その準備のために今晩は友達の家にお泊りで勉強会をしたい、と言ってきました。
    うーん、絶対8割がたは遊ぶんだろうけど…こんな青春っぽいシチュエーション、ダメだと言えるはずもありません。
    ジュリアン、行ってらっしゃーい!

    宿題を家の人に手伝ってもらったり、宿題をするために友達の家に泊まりに行ったり。
    宿題にはあまり学習効果がないのでやめるべき、なんて意見も最近の教育現場ではあるようですが、
    こういうこどもたちの姿を見ていると、学校の勉強って学習効果のためだけにやってるんだっけ?と思います。
    お互いに頼ったり、手伝ったりするきっかけづくりとして、私は今後も宿題は出し続けてほしいです。


    JOIN TO JOY会員募集中!登録はこちらから!


    『歓びの家(House of Joy)を支える会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~