• 09
    18
    映画を選ぶ権利

    いつもエレンジョイに勉強を教わっているマイケル
    毎回、前回に教えたことの小テストをするのだけれど、
    なかなか正解できないままだったのが、今日は初めて3問正解したんだそうで。
    今から約束通りキャンディーを3つ買ってもらうんだ!と喜んでました。
    千里の道も一歩から。がんばれマイケル!

    小中学校だけでなく、大学も一向に始まりません。
    大学のサークルでやっていたフリスビー競技「アルティメット」も
    新型コロナ対策で禁じられたままなので、ジェプリルはちょっと運動不足気味
    料理の手伝いをすることが多いこともあって、ずいぶん肉がついちゃいました。
    解禁した時、元通り走れるんでしょうかね?ちょっと心配です。(笑)

    週に何度かの、夜の「映画タイム」が、ネット環境がよくなったことで進化しました
    これまで、私が所蔵しているDVDから選ぶしかなかったので、同じ映画を繰り返し見ていたのが、
    Amazonとかでレンタルして好きなのが見られるようになったんですよ。
    皿洗いを手伝った子がその日の映画を選べる」というルールが自然と生まれて、
    こどもたちが我先に皿洗いに立候補してきます。
    ちなみに今日のチョイスはジンジン。選んだのはもちろんホラー系の映画です。好きだなあ…。(笑)

    怖いシーンになると顔をそむけたり、顔を覆ったりしながら、キャーキャー言ってます。
    このマイカの「怖いという感情を楽しんでいる顔」最高です。

    こどもの頃から派手なアクション映画やホラー映画を見るのは教育によくない、という意見もありますが、
    みんなでキャーキャー言いながらそういう映画を見て、
    ベッドの中で見た映画についてあれこれおしゃべりしながら眠りにつき、
    海や川で見た映画を真似てランボーごっこやゾンビごっこをして楽しむことが
    教育に悪いはずはないと私は確信しています。
    見せられる映画の幅が一気に広がったので、さらに楽しむかたちを模索していきたいと思います。


    JOIN TO JOY会員募集中!登録はこちらから!


    『歓びの家(House of Joy)を支える会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~