• 12
    04
    朗読指導と読書ごっこ

    12月、師走と言うだけあって学校の先生たちも忙しいのか、今週は授業がない子が多いです。
    午前中授業がなくて1人でいることが多いバドンも、みんなと遊べて嬉しそうです。

    ロスジェーンは、夏に遊びに来てくれたヨウコさんの絵本を、メグミさんと一緒に読んでいます。
    ビサイヤ語の対訳をメグミさんが朗読するのを、細かく発音チェックするロスジェーン。
    これはビサイヤ語が上達しそうですね!

    それを見て、「ボクも本を読む!」と言って、バドンが本棚にあった小説を取り出して「読書ごっこ」を始めました。
    よりによってその本か、バドン。(笑)

    ランチタイムに戻ってきた男の子たちは、相変わらずビー玉遊びに夢中です。
    ギャンブル要素、コレクター要素、練習で上手になるといった要素を兼ね備えているので、
    はまるとはまっちゃうんですよねー。コレにはまりすぎて授業をサボっちゃう子が出るほどなので
    スタッフは禁止しようと言うんですが、ルールを守って自由時間にやるならOK、ってことにしないと、
    逆に隠れてやることになるので逆効果なんですよ。

    年上の男の子たちのハイレベルなビー玉遊びにはついていけないアルジェは、
    ボウリングのオモチャでビー玉スキルを特訓中。なんとも楽しそうにやるのでこっちも嬉しくなります。

    さて、週末にこどもたちがサンタクロース宛に「クリスマスに欲しいもの」の手紙を書いたので、
    その手紙をダバオから発送しに行く…という口実で、明日はダバオで買い出しです。(笑)
    みんながどんな願いを書いたかは、12/25のブログまでのお楽しみですよ!


    JOIN TO JOY会員募集中!登録はこちらから!


    『歓びの家(House of Joy)を支える会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~