• 02
    10
    みんなで笑顔でレスト・イン・ピース!

    烏山さんの遺体は、ダバオ市内の葬儀場に安置してあり、そこで弔問客を受け入れています。
    フィリピンは他の都市や海外に出稼ぎに行っている親族がたくさんいるのが当たり前な国なので、
    遠くからでも戻って来れるように、この弔問期間を長い場合は1週間くらい続ける場合もあるんですが、
    烏山さんはなるべくシンプルな葬儀を望んでいたので3日間、としました。

    続々と弔問客が来てくれています。アイダさんの親族や、娘のエリカの友達たち、
    ダバオ在住の日本の方々も来てくれていますが、何といっても多いのはHOJの卒業生たちです。
    到着するとまずは棺に向かって大号泣。それにつられて、周りのみんなも泣きだして、ひとしきりみんなで涙にくれます。

    そしてここからが、フィリピンのお葬式らしいところ。
    お調子者が面白おかしいことを言って、みんなを笑わせようとするんです
    えええ?!と日本の方は思うかもしれませんが、そのジョークにつられて、みんな少しずつ笑顔になっていきます。
    故人にまつわる笑い話をみんなでシェアして、いつの間にか大爆笑するほどになります。

    そんなふうに時間を過ごしているところに、また新しい弔問客がやってきて泣きだして、
    それにつられてまたみんなで泣いて…という感じで、泣いて、笑ってを延々と繰り返します
    こうやって、笑顔で悲しさや寂しさを薄めていくのがフィリピンの「おくりかた」なんですね。
    泣いて笑ってを繰り返すとすごくお腹が減るので、その場でみんなで食事もします。
    レスト・イン・ピース!(安らかに眠り給え)と言ってこんな写真を撮ったりもします。

    そんなこんなで一晩過ごし、今日は朝から、HOJのこどもたちも日帰りでダバオにやってきました
    もちろん最初はみんな泣いていましたが、アイダさんが
    「アンケルはみんなが笑顔なほうが喜ぶよ。みんな、アンケルに笑顔を見せてあげて」と言うと、
    みんながんばって笑顔で烏山さんに話しかけ出しました。

    そしてみんなでお祈りです。エミリーはお祈りしているときに、烏山さんの声を聴いたそうですよ。

    最期はみんなで笑顔でお別れ。
    烏山さんはよく「私が死んだら、棺をこどもたちが囲んで笑って見送ってくれる、ってのが夢だなあ」と言っていました。
    まさに、夢が叶いましたね!

    こどもたちの弔問の様子を動画にしたのでご覧ください。
    烏山さんが天国から見てるから、笑顔を見せないと!…と考えてこどもたちが取った行動には
    爆笑と涙が止まりませんよ。

    日本の文化からしたら、不謹慎に思えるような態度かもしれませんが、
    「笑顔で悲しみを乗り越える」というのは、孤児院にハウスオブジョイと名付けた烏山さんが、まさに目指したことでした。
    これ以上、烏山さんにふさわしい葬儀はない、と思います。烏山さん、レスト・イン・ピース!


    JOIN TO JOY会員募集中!登録はこちらから!


    『歓びの家(House of Joy)を支える会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~