• 03
    04
    フィデルさん誕生日おめでとう!

    昨日はHOJ創設時からのスタッフ、フィデルさんの58歳の誕生日でした。おめでとう!
    定年退職まであと2年ですが、退職した後も毎日遊びに来るよ、と身振りでみんなに伝えてました。
    フィデルさんがいないHOJはちょっと想像しにくいですもんね。末永く仲良くしていきたいと思います。

    さて、木曜日になり、今週分の自習教材が終わったということで、こどもたちも自由時間!
    ジャンディーがクイニーを誘って、まだクイニーがやったことのないカードゲームで勝負。
    最初の10分はジャンディーが無双してましたが、すぐにルールを覚えたクイニーに反撃されてました。
    ジャンディー、ドンマイ!(笑)

    調理場にはアルチーの料理を手伝う子たちがひしめいてました。
    というのも、料理を手伝うという名目で、手が空いた隙にスマホで動画など見せてもらえるからです。
    自分たちで踊った動画をTikTokに載せたり、Youtubeでバスケやボクシングの名勝負を見たりと、
    みんななかなか上手にIT機器を使いこなすようになってます。

    こればっかりになるのもなんですけど、まったく使ったことがないのも今の時代、困ることになるでしょうからね。
    薪も割れて、井戸も直せて、料理もできて、スマホも使える。そんな新世代型に育ってほしいと思います。(笑)


    JOIN TO JOY会員募集中!登録はこちらから!


    『歓びの家(House of Joy)を支える会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~





    03
    03
    クラシック音楽家の曲に合わせて踊る課題

    ハイスクールの音楽の課題で「クラシックの有名音楽家を1人選んでレポートを書く」というのが出まして。
    こういうのはネットでの自宅学習との親和性が高くていいですね。
    リセルは「この中では比較的イケメンだから」という理由でモーツァルトを選択
    うん、私はその選び方で芥川に興味持って、本当に大学の研究者になった知り合いがいるから否定しないぞ!(笑)

    似たような課題が出たランランはベートヴェンを選択。
    確かに「耳の聞こえない作曲家」と言われたら、調べたくなりますよね。

    あげくにランランは「その音楽家の曲に合わせて踊る動画を撮って先生に送る」という課題が出たそうで。
    うーん、ベートヴェンってあんまり踊るタイプの曲じゃないと思うんだけどなあ。
    で、「ベートーヴェンの音源ある?」と言われたので、何年か前に作ったコレを見せてやりました。これでどうだ!(笑)

    「学校の課題なの!真面目なやつ!」と言われて、動画サイトで探した普通の第九をダウンロードし、
    ランランに渡して無事に「第九に合わせて踊るランラン」の動画も撮ったんですが、
    本人から「みんなには見せないで!」と言われたので封印しておきます。(笑)
    いっつもTikTokだかで謎のダンス動画ばかりアップしてるくせに、これはダメなのか。
    なんでだ。…ってまあ、気持ちは分かりますけどね。

    でもよく考えると「この曲に合わせてダンスして動画を送りなさい」は、ナイスな課題だと思います
    「聞きなさい」じゃ聞かないだろうし、「調べなさい」じゃWikipedeia丸写しだろうけれど、
    ダンスしなさいだと、少なくとも踊っている間は真剣にその音楽に集中するはずですからね。
    こういう「自宅学習ならでは」の課題がもっといろいろ出て来るのに期待したいと思います。


    JOIN TO JOY会員募集中!登録はこちらから!


    『歓びの家(House of Joy)を支える会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~





    03
    02
    井戸が壊れたので修復!

    井戸水が出なくなってしまったので、地中に埋まっているパイプを全部引っ張り出して修繕です。
    パーツの一部が折れてパイプの中に詰まっていた模様。
    いやー、ジェプリルとジェイエム、こんなことまで手伝えるまでに成長してるのは嬉しいですね。

    うちの井戸はこの、6mくらいのパイプが4本つながって地中に刺さっている状態なんです。
    なんの重機なども使わずにこんな井戸が作れる田舎の技術ってすごいですよね。

    2日がかりの作業で井戸復活!ただ、最初の1時間はサビと泥が混じったような、こんな茶色い水なんです。
    「コヤシン、この井戸、お茶が出るよ!」と楽しげなジェレミー。
    私がいつも飲んでるお茶は君たちには泥水に見えてるのか。(笑)

    30分くらい水を出し続ければ透明な水が出る、と言うので、こどもたちが交代でひたすらポンピング!
    なんだかゼンマイ仕掛けのおもちゃみたいでかわいいジャンジャンをご覧ください!

    HOJに水道がないわけではありませんが、うちを巣立った後にこどもたちが水道のある暮らしをできる保証はありません。
    将来、社会に出た時に困らないように、こういう生活に慣れ、こういう生活を楽しめるように
    こどもたちを強く育てていきたいと思います。


    JOIN TO JOY会員募集中!登録はこちらから!


    『歓びの家(House of Joy)を支える会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~